一部上場企業、銀行員、年収460万、
楽天銀行カードローン220万の枠、ろうきん30万の枠
現在は夫に残りを返してもらっています。

 

借入を行おうとした理由と借入を行うまで

 
借金の理由は、自由に使えるお金が減ってきたためです。最初は30万円程度の枠(ろうきん)だけでしたが、自分の年収から結構大きいカードローンの枠ができることが判明したため、借入金額を増額しネットで開設できるカードローンを探しました。そこでネットで身近な楽天銀行のカードローンを作成しました。カードローンの枠はいざという時に役立つかなと思っていた程度でしたが、意外と使い勝手がよく、カード際あればコンビニATMで利用できることから非常に便利であると思います。実際に使ってみると、給料日前の対応や、急な出費に対応できるため非常に便利です。
 
実際に使った例としては、車の修理代金や結婚式の費用の補填などです。車の修理代金は急な出費でしたし、結婚資金は必要な日時が決まっている支払いでしたが、緊急でも緊急でなくてもカードローンは使用者の必要なときにすぐ対応できるのが、メリットだと思います。カードローンがあれば、いちいち銀行の審査が必要なく借入ができるので、多少金利が高くてもそのあたりの利便性がありいいかなと思っています。そして、カードローンは使わなければ利息は発生しません。枠を作って必要な分だけ利用し、その分の利息と元金を返済するというシステムですから。いちいち銀行にいって繰り上げ返済の手続きをとらなくてもコンビニATMで楽に対応できます。

 

該当カードローンを利用しようと思った理由と借入までの流れ

 
一番最初につくったろうきんのカードの枠(30万円)では、たりず楽天銀行のカードローンを作成しました。ろうきんは対面でしたが、楽天銀行はネット銀行なので非対面で作成できるのが非常に魅力的でした。すでに楽天銀行の口座ももっていたので、他のネット銀行より手続きが楽かなと思い楽天で申し込みました。非多面だと銀行窓口にいかなくても働きながら、申し込むことができますし、融資担当の都合によって審査が遅くなることもないと思っていましたが、非常に結果がでるのが早かったです。金利も地方銀行よりも低くネット銀行のサービスのよさを享受できると思ったためです。
 
そのほかにも、楽天のサービスを利用しており、楽天関連のサービスをうけていることで、金利の優遇も若干あんりともあり、知らないところより知っているとこで、サービスの優遇を受けることのできる楽天銀行にしました。今は、何でもサービスが絡みあっており、一つのところに集中させたほうが管理もしやすく、顧客としてもメリットをうけることができると思います。
そして、申し込むならやはり大手がいいと思ったというのもあります。わけのわからないところだと、何か落としあながあったり、だまされたりするのではという懸念があり、TVCMでもよくやっている楽天銀行のかーどローンを選択しました。

 

借入から返済まで 実際に利用しての感想

ネット形式の銀行なので、まず他のところに比べて金利が引くというメリットがあります。カードローンは使った分の利息と、元金を支払う方式なので、まとまったボーナスなどのお金が入ってきたときには、すぐ返済をするようにして元金を減らし、利息の金額を減らすように努めています。また、使った金額に対して月々の返済金額がことなるのですがそれもしっかりと教えてくれるサービスもあり、返済がいくらで、いつまでに行うかどうかということがわかりやすくて、しっかりしたサービスだなと実感しています。
 
カードローンのメリットとして、好きなときに利用でき好きなときに返済することができるというのがありそれが気に入っています。普通銀行でお金を借りたり、返したりするときは窓口にいって手続きをとらなければなりませんが、カードローンはそれが不用です。楽天銀行などのネット銀行であれば、申し込み時から非対面で最後までいけるので、非常に使いがってがよいです。コンビニのATMさえあれば、いつもで借入ができていつでも返済ができます。また、楽天銀行のHPから借入状況なども確認できるので、常に自分がいくら借りれいるんだという意識がすぐにできるところも非常に使いガってがいいと思います。ネット銀行などに関連していない、カードローンだと今の借入金額がわからず、たまに不安になります。そういった意味で楽天銀行は身近でしたし、使い勝手がいいのかなと思っています。楽天という会社はIT系に強いですから、そこもいい面だと思います。